園の紹介 園内めぐり 幼稚園の1日 通園案内
行事 日々の保育から

子育て支援

  初めに戻る  



日々の保育から

平成29年度



わくわくひろば
(2018・3・7)




年長組の子どもたちが自分の好きなことに取り組んできたわくわくひろばも今日が最後です。

絵本クラブは、最後に世界に一つのオリジナル絵本作りをし、完成した絵本を嬉しそうに何度もページをめくっていました。

元気いっぱいの絵本クラブ、1年を通して絵本に興味をもち、絵本を読むことが大好きになりました。

お仕事クラブは、警官、幼稚園の先生、お掃除マスター、本屋さん、郵便屋さん、新聞記者、カメラマン

いろいろなお仕事をしました。それぞれに夢をもつ子どもたちが大きくなった時、どんなお仕事をするか楽しみです。

絵画クラブは、絵が上手に描けなくても、絵を描くことは楽しい!ということを感じてほしいと始めたクラブでした。

様々な画法を使って楽しく取り組むことができ、絵画に対して好きという気持ちが高まったようです。

自然クラブは、押し花をつくったり、磁石で遊んだり、ひわまりを観察したり、公園に行ったりもしました。

最後に、写真フレームをつくって1年間の楽しい思い出を残しました。

ダンシングクラブは、自分たちでつくった冠をつけてダンスの発表会をしました。踊りが大好きな子どもたち。

毎回「きょうは何を踊るの?」と目を輝かせながら楽しく取り組むことができました。

フードマイスタークラブは、ランチョンマットやエプロンなどの製作やクッキングなど楽しく食育を進めてきました。

お弁当作り、野菜を浮かべる実験、お団子や焼きそば作り、パフェ作りなど楽しく学んだ子どもたちにフードマイスター認定証を授与しました。

わくわくひろばはとても楽しい時間で、それぞれに興味をもって取り組むことができました。








メモリアル
(2018・3・5)



卒園を前に、年長児は創設者土井芳子先生の部屋へ行きました

たくさんのオルゴールにみんな興味津々できれいな音色に耳を傾けていました。

また、在園中の楽しかった思い出への感謝の気持ちをこめて、みんなで霞ヶ丘幼稚園の園歌を歌いました。

土井芳子先生にもきっと届いたことと思います。

また担任の先生から畳の部屋での約束事・お茶菓子の頂き方など教わり

お茶とお菓子を頂きました。掛け軸に書かれた『精進』という言葉の意味を

みんなで考えることができました。小学校へ進学してもいつも『精進』する子どもたちでいてほしいと願います。








仲良し保育
(2018・3・3)



1年間過ごしてきた縦割り保育も最後になりました。

年長、年中の子どもたちは小さいおともだちに優しい心を持つことができました。

年少、プレキンダーの子どもたちは大好きなお兄さん、お姉さんと楽しく過ごすことができ

いつも仲良し保育を楽しみにしていました。

最後には、ペアのおともだちと手作りのプレゼントを交換しました。

クラス以外のおともだちともたくさん交流をもつ仲良し保育はとてもいい経験になりました。








お別れコンサート・卒園製作
(2018・3・1、8)




おひなまつり発表会のお稽古をがんばってきた年長組の子どもたちへのご褒美で

赤いリボンの方々にお別れコンサートをして頂きました。

運動会で使用した曲や、七夕発表会での歌や合奏の曲など

子どもたちにとっても思い出の曲をたくさん演奏して頂き、とても楽しい時間でした。

卒園前の親子製作では、給食トレーに思い出の写真をを貼ったり絵を描いたりして

親子で製作をしました。子どもたちの成長を改めて感じる楽しい時間でした。

卒園まであとわずかですが、楽しい毎日を過ごしたいと思います。







おひなまつり発表会
(2018・2・23)



今年度最後の発表会、4月から大きく成長した子どもたちは、毎日おけいこを重ね、

ひとまわりもふたまわりも大きくなった姿をみせてくれました。

プレキンダーのこぐま組の子どもたちは、初めての大舞台

こびとになりきってみんなで楽しく一生懸命歌って踊りました。

年少児は、大好きな絵本の世界に入り込み、クラスのみんなで楽しく劇を作りあげました。

お友だちと一緒に頑張る姿に1年間の成長を感じました。

年長児の『おひなさま』は、各国の民族衣装に身をつつみ素敵な踊りを披露する華やかな舞台です。

世界中の人々がお互いを認め合い、分かち合う世界になるようにと願ってずっと続いているおひなさまです。

未来ある子どもたちにも、そのような思いやりのある人に成長してほしいとう想いを込めて、おけいこを重ねてきました。
 
 自分の役に誇りをもち、お互いを認め合い、一生懸命演じたそれぞれの素晴らしい踊りに

感動して頂き、会場からは涙と共に手拍子や拍手が送られました。

今日の日が子どもたちにとって一生の思い出としてみんなの心に残りますように。












じゃがいもの種いも植え
(2018・2・2)



 年少組の子どもたちが、じゃがいもの種いもを植えました。

これから、観察をしたり水やりをして食べる日を楽しみにしたいと思います。

黄色バッジになったらみんなで大きくなったじゃがいもを食べようね。








節分
(2018・2・2)



 丈夫な子どもになるために、歳の数だけ豆をたべ、豆まきをしました。

鬼の登場に涙を流す子どももたくさんいましたが、泣いた分強くなったね。

弱虫鬼、泣き虫鬼、災いを追い出し、またひとつ大きくなれたかな。









幼児音楽発表会
(2018・1・31)



神戸市の7つの園が合同で音楽発表会を行いました。当園は、年中児の子どもたちが

秋から取り組んできた創作和太鼓と、歌を神戸文化ホールの大舞台で発表しました。

111人の力を合わせた力強い感動的な演奏でした。








カルタ大会
(2018・1・10)




クリスマス音楽会で頑張った子どもたちにサンタさんからカルタのプレゼントが届きました。

冬休みにはご家庭でカルタ遊びに取り組んでいただきました。

カルタ遊びを通して、ひらがなにふれるだけではなく、ルールを守ることや悔しい思いをしても

最後まで頑張ることなど、大切なことを感じ取ってくれたことと思います。

学年が上がるにつれて、お手つきなどのルールも加わり、白熱したカルタ大会になりました。

保護者の方には、読み札を読んでいただいたり、審判になっていただいたりします。








クリスマス音楽会
(2017・12・6、7)



2学期の締めくくりは夜の音楽会です。

園庭の中央には各家庭でつくってきたペットボトルキャンドルに明かりが灯されました。

また、先生たちは子どもたちの喜ぶ顔が見たいとイルミネーションを毎年企画、準備します。

夢のように変身した幼稚園に、子どもたちも大喜びでした。

年少児は二度目の舞台、可愛らしい歌声と小さな手でお稽古をがんばってきた鍵盤ハーモニカの演奏を披露しました。

年中児は左右違う音のハンドベルを持ち、友達の音にも耳を澄ませながら心をひとつに素敵な音を奏でました。

年長児のオペレッタでは、自分の役になりきって堂々とセリフを言ったり、歌をうたったり、楽しい物語の世界を

表現することができ、3年間の大きな成長を感じました。

お母さんのマリンバ教室や先生たちの合奏、サンタさんの登場、本園の音楽指導に来ていただいている馬場先生の

歌のプレゼントもあり、素敵な音楽会になりました。

準備や片付けにはキンダーヘルパーをはじめとする多くの保護者の方にお手伝い頂きました。

これからも子どもたちの笑顔のためにみんなで力を合わせて進んでいきたいと思います。














サッカー大会
(2017・11・14、15)


たくさん練習を重ね、子どもたちが楽しみにしていたサッカー大会の日を迎えました。

試合では、年長児らしくルールを守って楽しく取り組み、どのクラスも練習の成果を発揮することができました。

クラスみんなで気持ちをひとつにして、試合も応援もどちらも一生懸命頑張りました。

嬉しい気持ち、悔しい気持ち、お友だちを大切に思う気持ち、サッカーを通しての経験がクラスの雰囲気をよりよくしてくれました。

サッカー大会で深まったクラスでの絆をより深め、これからもクラスで気持ちをひとつに頑張っていきたいと思います。








造形展・わくわく参観日
(2017・11・2)


秋の情感あふれる良い時期に、年中、年少、こぐま組は造形展を、

年長児はクラスを解体して好きなクラブで楽しい時間を過ごす「わくわくひろば」の親子参観を行いました。

造形展では、各クラスでテーマを決めて、お部屋いっぱいに製作物を展示し、それぞれの世界観を楽しみました。

こぐま組では、毎月の作品などたくさんの作品を展示しました。

わくわくひろばの参観では、親子で楽しい時間を過ごしていただき、とても楽しい保育となりました。











お芋ほり、焼き芋パーティ
(2017・10・20、27)


6月に植えたさつまいもは収穫の時を迎えました。

年長児は何度も観察に行き、お芋ほりを楽しみにしていました。バスのおじさんや先生のお話をしっかり聞いて、

楽しくお芋を掘りました。両手いっぱいにお芋を持った子どもたちは、自分たちで水で洗い、

“ちびいも”“ちゅういも”“でぶいも”に分けました。焼き芋パーティでは“ちゅういも”をみんなで食べます。

前日に、ホイルに包み焼き芋パーティの準備をした際は、翌日をとても楽しみに降園しました。

焼き芋パーティでは、仲良しガーデンでみんなで食べました。「おかわり」の声がたくさん聞こえただけではなく

お芋が苦手な子どもも自分で育てたおいもは特別と完食したことをとてもうれしく思いました。

触ったり、においをかいだり、味わったりと、食物を育てる喜びを感じることができました。








土曜参観日
(2017・10・21)


年中・年少組の参観日が行われました。

日々の積み重ねでたくさんの経験をしてきた子どもたちは、春の参観日から大きく成長した姿を

お家の人に見ていただこうとこの日を楽しみにしていました。土曜日ということでお父さんと登園する子もおり、

親子で楽しい時間を過ごす様子が見られました。

造形展に向けた親子製作では、親子で話し合いながら楽しく作品作りに取り組む様子が見られました。








ヴィッセルサッカークリニック
(2017・10・10)



今年度も、ヴィッセル神戸のコーチにサッカークリニックにお越しいただきました。

サッカー大会に向けて全員が苦手意識もなく練習に参加することができ、とても有意義な時間を

過ごすことができました。これから練習を重ね、どのクラスも優勝目指して一生懸命取り組んで

いきたいと思います。








運動会
(2017・10・5)



2学期に入り、厳しい暑さの中毎日おけいこに励んできました。

本番では、どの子もそれぞれに一生懸命頑張りました。

2・3歳児・・・楽しく参加する

4歳児・・・友達と仲良くルールを守って参加する

5歳児・・・責任を果たし友達と協力しやり遂げた喜びを感じ競い合う楽しさを知る

子どもたちの頑張りは、見ている大人の心をぐっと熱くし、大きな成長を感じる運動会となりました。





作品展
(2017・9・4)



当園では、“親子の時間を大切に”ということで、夏休みのお休みの時間をつかって親子製作をして頂きます。

今年も、夏休みを有意義に過ごされた様子がよくわかる作品ばかりでした。

おともだちの作品も見て、楽しい作品展となりました。

また、子どもべや(預かり保育)でも夏休みに登園してきた子どもたちと先生でテーマを決めてたくさんの製作をしたので、

展示を行い、見て頂きました。
ダイナミックな世界に大興奮の様子でした。









同園会
(2017・8・30)



今年もたくさんの卒園生が幼稚園に帰ってきてくれました。

懐かしいおともだちや先生と短い時間でしたが楽しく過ごしました。

また来年もたくさんの卒園生の成長をみるのを今から楽しみにしております。





お泊り保育
(2017・7・26、27)



 
毎年、年長児を対象にお泊り保育を行います。

しあわせの村のトリム園地で遊んだり、ポニーに乗ったり、エコバックの製作にキャンプファイヤー、

ゲーム大会など楽しいことばかりの1泊2日でした。

お泊り保育を通して、

★共同生活の中で決まりを守り協力することの大切さを学ぶ

★自立した生活で大きな自信を培う

★一緒に泊まることにより先生や友達との絆を深める

★自然に触れ、日頃経験できない体験から多くのことを学ぶ

など、家庭を離れ全ての活動を成し遂げ、たくさんのことを学んだ子どもたち。

出発前より、ひとまわり成長し、全員元気に帰ってくることができました。

お泊り保育で一層深まった絆を大切に、2学期もみんなで力を合わせて楽しい日々を過ごしたいと思います。








夏まつり
(2017・7・21)



前期夏期保育の最終日、園庭にやぐらをたてて夏まつりをしました。

みんなで円になり盆踊りをしたり、ヨーヨー釣りやお楽しみ抽選会をして楽しみました。

キンダーヘルパーのお母さま方をはじめ、たくさんの方にご協力頂き、楽しい夏まつりにとなりました。


今年度は、保護者の方に出店をお願いし、2店舗のお店を出して頂きました。

お忙しい中でも子どもたちの笑顔のためにと準備から当日まで、夏まつりを盛大に盛り上げて下さりました。









放水テスト
(2017・7・20)



ホースから水が出て楽しい水遊びになりました。









 七夕発表会
(2017・7・6)


今年度初めての発表会。楽しくおけいこに取り組みました。

遊戯室には今年も大きな笹が飾られました。

みんなの願いが叶いますように・・・












さつまいもの苗植え
(2017・6)


年長組の子どもたちがさつまいもの苗植えを、年中行いました。

これから水やりをしたり観察をしたりして秋の収穫を楽しみにしたいと思います。








じゃがいもの収穫
(2017・6)



年中組の子どもたちはじゃがいもの収穫を行いました。

たくさんとれたじゃがいもはポテトチップスとバター醤油で炒めたものに変身

自分たちで育てたじゃがいもは特別おいしくて、たくさんおかわりもしてみんなでおいしく食べました。








お弁当の日
(2017・5・17)



お天気にも恵まれ、お弁当の日に年長児はアジュール舞子へ、年中児は五色塚古墳へ園外保育に出かけました。

先週交通指導を受けた子どもたちは、交通ルールもしっかり守り楽しく過ごすことができました。

年少児は遊園地に変身した園内でトランポリンなどを楽しんだり、バスに乗ってドライブにも出かけました。

とても楽しい1日となりました。





いちご狩り
(2017・5)


幼稚園の畑が赤く色付いてきました。『いちごのうた』が上手に歌えるようになったら

いちご狩りに行こうねと約束をしていた年長組の子どもたちはこの日をずっと

楽しみにしていました。いちごが大好きな子も、苦手な子もみんなおいしいと食べることができ、

“自分で摘んで食べる”経験は大切だと毎年痛感しています。

これからも、このような体験をたくさんしてほしいと願います。








バザー
(2017・4・29)



 
今年度もたくさんのお客さんに恵まれ、大盛況のバザーとなりました。
 
 各クラスでは、キンダーヘルパーの方を中心に盛り上げて下さいました。

 たくさんの卒園生、OBの先生、地域の方々と触れ合うことができました。

 卒園生の保護者の方は懐かしい再開の場として、大勢お越しくださいました。

 これからも、安全で楽しいバザーでありたいと思います。








対面式
(2017・4・12)


新年度が始まり1週間が経ちました。

新しく霞ヶ丘幼稚園のお友だちとなった新入園児たちに

年中児は霞ヶ丘幼稚園の愛唱歌「ともだちの歌」を披露し、年長児は手作りのペンダントを

贈りました。その後、全園児で「こいのぼり」のお遊戯もしました。

保育室までは年少組、プレキンダーの子どもたちを年長児が手をつないで連れて帰ってくれました。








入園式・進級式
(2017・4・7)

平成29年度が始まりました。

新入園児の真新しい制服に身を包む姿は大変可愛らしく、

進級した子どもたちは、楽しみにしていた新しい学年の名札を担任の先生に

つけてもらってとても嬉しそうな表情をしていました。

今年度も、お子様の健やかな成長を見守っていきたいと思います。









平成28年度


第74回卒園式
(2017・3・18)

第74回卒園式が行われ、110名の子どもたちが巣立ちの日を迎えました。

19の小学校にそれぞれ進学します。





子どもたちのたくさんの成長が見られ、とても感動的な式となりました。

卒園しても、霞ヶ丘幼稚園の「健康・感謝・正直・親切・一生懸命」の気持ちをいつまでも

忘れずに、それぞれに頑張ってくれることと思います。

これからも、心身ともに健やかに成長されることを教職員一同願っております。





仲良し保育
(2017・3・3)
1年間いっしょに楽しく過ごしてきた縦割り保育の時間も最後になりました。

小さな子どもたちはたくさん優しくしてくれたペアのお兄さん、お姉さんに感謝の気持ちを伝えることができました。

年長組の子どもたちは、仲良し保育を通して小さなお友だちを大切にする気持ちを持ち、

とても良い経験ができました。








メモリアル
(2017・3・2)
卒園を前に、年長児は創設者土井芳子先生の部屋へ行きました



みんな興味津々できれいな音色に耳を傾けていました。

また、在園中の楽しかった思い出への感謝の気持ちをこめて、みんなで霞ヶ丘幼稚園の園歌を歌いました。

土井芳子先生にもきっと届いたことと思います。
また担任の先生から畳の部屋での約束事・お茶菓子の頂き方など教わり

緊張した面持ちで、おもてなしのお茶菓子をクラスのみんなで頂きました。









卒園前コンサート、親子製作
(2017・3・1、9)


発表会をがんばったご褒美に、鍵盤ハーモニカとクラリネットのコンサートをして頂きました。

七夕発表会や運動会などの思い出の曲や、みんなの大好きな曲などを演奏して頂き、

一緒に歌ったり踊ったり、とても楽しそうな子どもたちでした。

卒園記念親子製作では給食トレーに絵を描いたり、写真を貼ったりしました。

卒園を目前にして、親子で充実した楽しい時間を過ごす様子が見られました。







おひなまつり発表会
(2017・2・4)



今年度最後の発表会、4月から大きく成長した子どもたちは、毎日おけいこを重ね、

ひとまわりもふたまわりも大きくなった姿をみせてくれました。

プレキンダーのこぐま組の子どもたちは、初めての大舞台

はらぺこあおむしになりきってみんなで楽しく歌って踊りました。

年少児は、大好きな絵本の世界に入り込み、クラスのみんなで楽しく劇を作りあげました。

お友だちと一緒に頑張る姿に1年間の成長を感じました。

年長児の『おひなさま』は、各国の民族衣装に身をつつみ素敵な踊りを披露する華やかな舞台です。

ひとりひとりの役を尊重し合い、自分の役に誇りをもって堂々と演じる姿に大きな成長を感じました。

幼稚園生活最後の晴れ舞台、友だちと呼吸を合わせ演じる様子に、共に過ごした仲間の成長も

感じていただき、会場からは涙と共に手拍子や拍手が送られました。

今日の日が子どもたちにとって一生の思い出となちますように。











節分・豆まき
(2017・2・3)



節分の話を聞き、歳の数だけ豆を食べ、丈夫になることを願い 豆まきをしました。

鬼の登場に泣き出す子どももいましたが、『鬼は外、福はうち』と豆をぶつける

ことができました。弱虫鬼、泣き虫鬼、災いを追い出し、またひとつ大きくなれたかな。









じゃがいもの種いも植え
(2017・2・1)



年少組の子どもたちが、じゃがいもの種いもを植えました。

これから、水やりをしたり観察をしたりして、収穫の日を楽しみにしたいと思います。







幼児音楽発表会
(2017・1・24)



神戸市の7つの園が合同で音楽発表会を行いました。当園は、年中児の子どもたちが

秋から取り組んできた創作和太鼓と、歌を神戸文化ホールの大舞台で発表しました。

107人の力を合わせた力強い感動的な演奏でした。








カルタ大会
(2017・1・12)


クリスマス音楽会で頑張った子どもたちにサンタさんからカルタのプレゼントが届きました。

冬休みにはご家庭でカルタ遊びに取り組んでいただきました。

カルタ遊びを通して、ひらがなにふれるだけではなく、ルールを守ることや悔しい思いをしても

最後まで頑張ることなど、大切なことを感じ取ってくれたことと思います。

学年が上がるにつれて、お手つきなどのルールも加わり、白熱したカルタ大会になりました。

保護者の方には、読み札を読んでいただいたり、審判になっていただいたりします。








大根の収穫
(2016・12・6、14)


年中組の子どもたちが8月に植えた大根の収穫をしました。

種を植えた日から各クラスで大根の成長記録をつくり収穫の日を楽しみにしていた子どもたちは、

大きくなった大根を楽しんでひくことができました。

後日、煮物、葉を炒めたもの、お漬物をみんなでおいしくいただきました。

「自分たちで育てたものを食べる」という経験を大切に、より食に興味・関心を持ってくれればと願っています。








クリスマス音楽会
(2016・12・7、8)


今年も、2学期の締めくくりは夜の音楽会です。

園庭の中央には各家庭でつくってきたペットボトルキャンドルに明かりが灯されました。

また、先生たちが子どもたちの喜ぶ顔がいたいと毎年企画、準備をしている

たくさんのイルミネーションも点灯し、幼稚園が夢の世界に大変身しました。

年少児にとっては二度目の舞台、緊張している様子でしたがかわいらしい歌声と

楽しみながらおけいこに励んできた鈴やカスタネット、鍵盤ハーモニカの演奏を披露しました。

年中児は一人ひとり気持ちをこめた素敵な歌声や、1人2音左右違う音のハンドベルを持ち、

クラスのお友達みんなで音と心を合わせてきれいなベルの音色を響かせました。

年長児のオペレッタでは、自分の役になりきって堂々とセリフを言ったり、歌をうたったり、

たのしい物語も世界を表現することができ、大きな成長を感じました。

母親コーラス“うたのひろば”、お母さんのマリンバ教室、先生たちの合奏、サンタさんの登場など

とても楽しい音楽会になりました。

準備や片付けにはキンダーヘルパーのお母様方をはじめたくさんの方がお手伝いして下さいました。














みんなあつまれ
(2016・11・16)


こぐま組、めばえクラブの子どもたちが神戸市の私立幼稚園に通うおともだちと一緒に

みんなあつまれに参加し、親子体操でおもいっきり身体を動かしました。








サッカー大会
(2016・11・15・16)


楽しみにしていたサッカー大会の日を迎えました。

試合では、今までの練習の成果を発揮することができ、年長児らしくルールを守って楽しく取り組みました。

どのクラスもみんなで気持ちをひとつにして試合も応援も頑張ることができました。

保護者の方の応援にも熱が入り、とても楽しいサッカー大会になりました。

この経験を大切に、これからもクラスで気持ちをひとつに取り組んでいきたいと思います。








わくわくひろば参観日
(2016・11・4)


秋の情感あふれる良い時期に年中、年少、こぐま組は造形展を、

年長組はクラスを解体して好きなことに取り組む「わくわくひろば」の親子参観を行いました。

年中、年少組の造形展では、各クラスでテーマを決め、お部屋いっぱいに製作物を飾り

それぞれの世界観を楽しみました。

こぐま組は毎月の作品や大好きなジュースやパンの製作物を展示しました。

年長児はどのクラブも親子で楽しい時間を過ごして頂き、とても楽しい1日になりました。














お芋ほり・焼き芋パーティ
(2016・10・20、11・1)


6月に植えたさつまいもは収穫の時を迎えました。

おじさんや先生の話を聞きながら楽しくお芋ほりをしました。

獲れたお芋は、子どもたち自身で大きさを考え“ちびいも”“ちゅういも”“でぶいも”に分けました。

焼き芋パーティでは“ちゅういも”を焼き芋にしてみんなで食べます。

お芋を洗うことやホイルに包むなど焼き芋の準備も子どもたち自身でして、

お芋を食べる日を心待ちにしていました。

楽しみにしていた焼き芋パーティでは、「おいしい」「おかわり」の声ががたくさん聞こえ、

お芋が苦手な子どもも「幼稚園のお芋はおいしい」と完食したり、おかわりをする様子も見られました。

“ちびいも”はしょうゆとレモンでそれぞれ煮たもの、“でぶいも”はお芋ご飯にしてそれぞれ給食で頂きました。

触ったり、においをかいだり、味わったりと、食物を育てる喜びを感じることができました。








土曜参観日
(2016・10・22)


年中・年少組の参観日が行われました。

いろいろな経験を重ねてきた子どもたちは、集団生活にも慣れ、登園してからの活動も

スムーズにできるようになってきています。

土曜参観ということで、お父さんと登園する子もおり、親子で楽しい時間を過ごす様子が見られました。

友達と関わりながら遊ぶ姿や、先生の話を聞いて行動する姿など、

子どもたちがいつも頑張っている様子を見ていただきました。

製作活動では、造形展に飾るものを親子で一緒に作っていただきました。

親子で話し合いながら、楽しそうに作品を作る様子がみられました。








交通安全教室
(2016・10・12)


クロネコヤマトの方々に交通安全について教えて頂きました。

「車の下には入らない」「車の周りで遊ばない」「横断歩道の渡り方」

くろちゃん、しろちゃんと一緒に楽しみながら大切なことを学んだ子どもたちでした。

今日学んだことを忘れずに来週は楽しく遠足にでかけたいと思います。






ヴィッセルサッカースクール
(2016・10・11)


今年も、サッカー大会に向けてヴィッセル神戸のコーチが

サッカーの技術・戦術の向上やサッカーの楽しさを伝えに来てくださいました。

「サッカーは楽しい」と体で感じた子どもたちは、練習に大変意欲的に取り組んでおり、

サッカー大会に向けてとてもいいスタートをきることができました。








運動会
(2016・10・6)


2学期に入り、厳しい暑さの中毎日おけいこに励んできました。

本番では、どの子もそれぞれに一生懸命頑張りました。

2・3歳児・・・楽しく参加する

4歳児・・・友達と仲良くルールを守って参加する

5歳児・・・責任を果たし友達と協力しやり遂げた喜びを感じ競い合う楽しさを知る

子どもたちの頑張りは、見ている大人の心をぐっと熱くし、大きな成長を感じる運動会となりました。














お店屋さんごっこ
(2016・9・6)


年長組は、1学期の参観日に保護者の方と作った貯金箱にお手伝いなどをして

お金を貯めて、その中から100円を持ってきます、

各クラスでお店屋さんになりきって、商品をつくりお店屋さんごっこに参加します。

自分の財布の中からお金を数えて出したり、お客さんにおつりを手渡し、真剣な表情で取り組みました。

食べ物コーナーでは、お手伝いのお母様方が、オレンジゼリーとカルピスのお店を担当して下さいました。

「いらっしゃいませ」と大きな声が響き渡りました。






作品展
(2016・9・2)


“親子の時間を大切に”ということで、夏休みに親子で作品をつくって頂きました。

何日もかけて大好きなものを製作にしたり、オリンピックにちなんだものを製作したり、

どれも素敵な作品ばかりでした。年長児は絵日記にも取り組み、夏の楽しい思い出を教えてくれました。








同園会
(2016・9・2)


今年もたくさんの卒園生が幼稚園に帰ってきました。

懐かしい先生やお友だちと一緒に楽しい時間を過ごしました。

今年は、ストローコンサートの先生にご来園頂き、コンサートをして頂きました。

これからも好きなことに一生懸命取り組み、元気に成長していってほしいと思います。








大根のたねまき
(2016・8・26)



後期夏期保育も始まり、年中組の子どもたちが大根の種まきをしました。

これから観察を行い、収穫を楽しみに待ちたいと思います。









 お泊り保育
(2016・7・27、28)


 毎年、年長児を対象にお泊り保育を行います。

しあわせの村のトリム園地で遊んだり、ポニーに乗ったり、エコバックの製作にキャンプファイヤー、

ゲーム大会など楽しいことばかりの1泊2日でした。

お泊り保育を通して、

★共同生活の中で決まりを守り協力することの大切さを学ぶ

★自立した生活で大きな自信を培う

★一緒に泊まることにより先生や友達との絆を深める

★自然に触れ、日頃経験できない体験から多くのことを学ぶ

など、家庭を離れ全ての活動を成し遂げ、たくさんのことを学んだ子どもたち。

出発前より、ひとまわり成長し、全員元気に帰ってくることができました。

お泊り保育で一層深まった絆を大切に、2学期もみんなで力を合わせて楽しい日々を過ごしたいと思います。










夏まつり
(2016・7・22)


前期夏期保育の最終日、園庭にやぐらをたてて夏まつりをしました。

みんなで円になり盆踊りをしたり、ヨーヨー釣りやお楽しみ抽選会をして楽しみました。

キンダーヘルパーのお母さま方をはじめ、たくさんの方にご協力頂き、楽しい夏まつりにとなりました。



 



放水テスト
(2016・7・20)


ホースから水が出て楽しい水遊びになりました。


 





 七夕発表会
(2016・7・6)


今年度初めての発表会。楽しくおけいこに取り組みました。

遊戯室には今年も大きな笹が飾られました。

みんなの願いが叶いますように・・・












じゃがいもの収穫
(2016・6月)


年中児が幼稚園で育てたじゃがいもが大きくなったので、収穫をしました。

その後、じゃがバターとポテトチップスにして食べました。

自分たちで獲ったじゃがいもは、おいしさも倍増だったようです。








 土曜参観日
(2016・6・11)



年長児の土曜参観日でした。

子どもたちが大好きな馬場先生の歌のレッスンがありました。

保護者の方にも指導を受けていただき、子どもたちに歌を披露してもらいました。

 馬場先生のミニミニコンサートでは、とても迫力のある歌に聴き入る子どもたちでした。

また、体育ローテーションや日課活動を観ていただいたり、9月にあるお店屋さんごっこの為に

 金銭教育の導入として親子で貯金箱作りをして頂きました。








年長児 わくわくひろば
(2016・6・3)
 
 
Musicクラブとおはなしクラブの子どもたちは、アジュール舞子に出かけました。

貝殻を見つけたり、砂や水や波を感じたり楽しい時間を過ごしました。

Musicクラブの子どもたちは、水遊びや泥遊びに大興奮の様子でした。

おはなしクラブの子どもたちは、魚の絵本にちなんでこれから砂絵を製作していきます。






さつまいもの苗植え
(2016・6・3)


春にたくさんのいちごを実らせてくれた“いちご畑”は今日から“さつまいも畑”に変わりました。

先生から一人ずつ苗をもらって大切に植えました。

豊作の秋となりますように。









カレークッキング
(2016・6・1)


年長児は、クラス毎に野菜の担当を決めて、カレー作りに挑戦しました。

野菜の担当を決めて、皮をむき、包丁で一口サイズに切りました。

数日前からクッキングのビデオを見たり、作り方の話などをしてこの日を楽しみにしていました。

怪我をしないようにゆっくり気をつける子・いつもしていると得意気に頑張ってくれる子。

どの子も真剣な表情をしつつ、とても楽しんで作ることができていました。


自分たちで作るカレーは格別!美味しくて美味しくてたくさんおかわりもしました。

デザートにフルーチェも作り、おいしい昼食時間となりました。

早速家庭でもカレー作りをしたとの声をたくさんうかがい、とてもうれしく思います。








いちご狩り
(2016・5・13)



幼稚園の畑はいちごの季節になり、年長児がいちご狩りをしました。

この日をとても楽しみにしていた子どもたち。

いちごが苦手な子も、自分で摘んだいちごはおいしいと食べることができました。

“自分で摘んで食べる”経験の大切を痛感する瞬間です






お弁当の日
(2016・5・18)


お天気にも恵まれ、先日、交通指導を受けた年中・年長児は園外保育へ出かけました。

年少児・プレキンダーは初めてのお弁当の日ということで、エアートランポリンなど

遊園地のように変身した園庭で楽しく過ごしました。

また、園バスに乗って地域一周ドライブにも出かけ、楽しい1日となりました。










参観日
(2016・5・13)


母の日を前に、参観日がありました。

外での活動(働く保育/合同保育/競技/遊戯)を見ていただきました。

母の日のプレゼントは毎年、手作りブローチです。

毎年プレゼントするブローチでも成長を感じていただけます。

「おかあさん」の歌・ブローチのプレゼントと共に感謝の気持ちを伝ると、

嬉しそうなお家の方の表情に、子どもたちも本当に嬉しそうでした。

家族・親子の触れ合いや言葉で伝えることは大切ですね。

この参観日が初めての子どもたちにとっては、頑張っている姿を見てもらい

褒めてもらえたことで、幼稚園の楽しさを感じて成長してくれたのでは…と思います。









バザー
(2016・4・29)



今年度もお天気に恵まれ、賑やかな1日になりました。

各クラスでは、キンダーヘルパーの方を中心に盛り上げて下さいました。

たくさんの卒園生、OBの先生、地域の方々と触れ合うことができました。

卒園生の保護者の方は懐かしい再開の場として、大勢お越しくださいました。

これからも、安全で楽しいバザーになるよう願っております。









年長児 わくわくひろば
(2016・4・25)


年長児がクラスを解体して自分の好きなことに取り組む“わくわくひろば”が始まりました。

今年度は6つのクラブに分かれて楽しく過ごしていきたいと思います。








対面式
(2016・4・19)



年少組、プレキンダーの子どもたちも少しずつ幼稚園に慣れてきました。

年中児は愛唱歌『ともだちの歌』を披露し、年長児は手作りのペンダントを贈りました。

また、みんなで『こいのぼり』のお遊戯もしました。お部屋までは、年長児が手をつないで

連れて帰ってくれました。新しい小さなお友だちのお世話をするのが嬉しくて楽しみなお兄さん、お姉さんは

身の回りのお世話をたくさんしてくれており、成長を感じます。








入園式・進級式
(2016・4・7)



平成28年度が始まりました。

新入園児の、真新しい制服に身を包む姿はとても可愛らしく

進級した子どもたちは、楽しみにしていた新しいバッジを担任の先生に

つけてもらって、とても嬉しそうな表情をしていました。

今年度も楽しく、健やかな成長をされますよう 一緒に頑張って参りたいと思います。